大洗磯前神社初詣2024の屋台営業はいつ?混雑時間や回避・アクセス方法も!

大洗磯前神社(おおあらいいそさきじんじゃ)は、茨城県の海沿いに鎮座し、初日の出が絶景で初詣スポットとしても人気の神社です。

人気アニメ『ガールズ&パンツァー』の聖地としても有名なので、遠方の方でも「大洗磯前神社に初詣に行きたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか?

初詣といえば、屋台も楽しみの一つですよね。

今回は、大洗磯前神社の初詣の屋台はいつから営業しているのか調査しました!

また、大洗磯前神社の初詣では、どの時間帯が混雑しているかも気になるところ。

大洗磯前神社に駐車場はあるのか、満車の場合は近隣に駐車場があるのかについてもまとめましたよ!

さらに、周辺の混雑を回避して、大洗磯前神社にアクセスする方法も詳しく見ていきましょう!

 

この記事では、以下のことについてまとめています。

  •  大洗磯前神社初詣2024屋台営業はいつ?
  •  大洗磯前神社初詣2024混雑時間
  •  大洗磯前神社初詣2024駐車場
  •  大洗磯前神社初詣2024混雑回避アクセス方法

大洗磯前神社初詣2024屋台営業はいつ?

大洗磯前神社の初詣では、毎年、大晦日の夜から屋台の営業が始まっているそうです!

大洗磯前神社の初詣の屋台営業時間は以下の通りです。

12月31日   準備ができた屋台から開始
        →1月1日の19時頃までノンストップ営業
1月2日以降   6時頃~19時頃

 
※屋台自体は1月8日頃まで営業

大晦日から元日にかけて、屋台が夜通し営業しているのは嬉しいポイント!

屋台のおいしいものを食べながら、年越しを迎えられるなんて最高ですよね!

 

ちなみに、気になる屋台のラインナップはというと…

間違いない!テッパン屋台

・焼きそば
・タコ焼き
・牛串
・フランクフルト
・大判焼き

・ふりふりポテト
・じゃがバター
・広島風お好み焼き

こんなものも?変わり種屋台

・大鶏排(ダージーパイ)
・煮イカ

大鶏排は、ここ最近じわじわ人気が出てきている、台湾夜市の定番グルメ

薄く叩いた鶏肉を1枚まるごとカリカリに揚げた、スパイシーな香りと手のひらよりも大きなサイズが特徴の台湾からあげです。

煮イカは、生のイカに切れ込みを入れて、醤油や砂糖を合わせた煮汁で煮たもの。

ここで、「そんなの説明されなくても知ってるよ!」という方と、「煮イカ?焼きイカじゃなくて?」という方に分かれることでしょう…

それもそのはず、煮イカは、北関東の一部でのみ食べられるソウルフードなのです。

初詣やお祭の屋台でも、“煮イカ”の文字が多く並ぶそうですよ。

屋台に地域性が現れていて面白いですね!

大洗磯前神社初詣2024混雑時間

大洗磯前神社の初詣は、12月31日の23時頃~1月1日の19時頃まで、1月2日以降は日中が混雑する傾向にあるようです。

過去の大洗磯前神社の初詣の人出は以下の通りです。

12月31日   23時頃から徐々に混雑し始める
1月1日     0時から19時頃まではずっと混雑している
1月2日以降   10時頃から14時頃までは混雑している
        (午前の早い時間や、14時以降は次第に空いてくる)

大晦日から元日にかけては、年越しを大洗磯前神社で迎えたい人たちや、初日の出を見たい人たち、元日に初詣を済ませたい人たちが一斉に集まるので、かなり混雑するようです。

2日以降は、元日は家でゆっくり過ごした人たちが、「初詣のついでに屋台の食べ物で昼ご飯を済ませようか~」と、日中に集中して混雑するのかもしれません。

混雑時間を回避したい!

「大洗磯前神社に初詣に行きたいけど、混雑はちょっと…」という方、その気持ちとてもわかります!

混雑の中にいると何かとイライラしてしまって、必要以上に疲れてしまいますよね…

そんな方は、以下のタイミングを狙ってみてください。

・三が日であれば、午前の早い時間
・4日以降であれば、日中でも比較的混雑具合が緩和されてくる

中には、「混雑を見るだけでむず痒くなって…」という、混雑アレルギーの方もいると思います。

そんな方は、思い切って初詣のタイミングをずらすのも一つの手です。

初詣は、一般的には『松の内(関東地方などでは1月7日、京都や滋賀では1月15日まで)』の間に行くのが良いと言われています。

かといって、その期間を過ぎたら行ってはいけない、というわけではありません。

どうしても混雑が嫌な場合は、『松の内』を過ぎてから『節分(2月3日前後)』の間までに行くと良いでしょう。

大洗磯前神社初詣2024公式駐車場

大洗磯前神社には、約50台収容可能な無料駐車場があります。

すぐ近くには大洗海洋博物館があり、共用の駐車場となっているようです。

カーナビに行き先を設定する際は、大洗海洋博物館の住所(茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890)を入力するといいですよ。

 

大洗磯前神社の駐車場はそこそこ車を停められるだけの広さはありますが、初詣の時期は多くの人が集まるためすぐに満車になってしまいます。

こちらのポストは2022年の大晦日、大洗磯前神社の駐車場手前の交差点の様子。

23時の時点で、すでに駐車場の空きを待つ渋滞が起こり始めていますね…

この方のポストによると、この後も渋滞は伸び続け、1月1日の午前6時頃には車の行列が果てしなく続いていました。

何時頃なら停められる? 

では、何時頃なら大洗磯前神社の駐車場に停められるのでしょうか?

こちらのポストによると、21時頃で駐車場は8割ほど埋まっていたそうです。

ということは、21時頃までなら、大洗磯前神社の駐車場に停められそうですね!

余裕を持って19時頃から20時頃に来ることができれば、駐車場内のより近くの区画に停められるでしょう。

年越しまでかなり時間はありますが、のんびり気長に待ちましょうね。

 

1日の夜以降は、大晦日のように夜中も人で溢れているということはないので、駐車場確保のために前乗りまでする必要はないでしょう。

先ほど紹介した混雑し始める時間(10時頃)より、少なくとも2時間は早く来ると停めることができるはずですよ。

大洗磯前神社初詣2024近隣の民間駐車場

少々歩くのは構わない、という方のために、大洗磯前神社に徒歩でアクセスできる、近隣のおすすめの駐車場をいくつか紹介します!

  • 大洗海岸前の県営駐車場

・茨城県東茨城郡大洗町磯浜町 県道173号線沿い
・大洗磯前神社まで徒歩約3分~20分(海岸沿いに細長く位置しているため、近いところと遠いところで差がある)
・約1,100台収容可能
・24時間営業
・基本無料、夏季やGWは普通車800円・自動二輪330円

  • 平太郎浜前の県営駐車場

・茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6881−391
・大洗磯前神社まで徒歩約7分
・約20台収容可能
・24時間営業
・無料

  • 大洗町営第一駐車場

・茨城県東茨城郡大洗町港中央 サンビーチ通り沿い
・大洗磯前神社まで徒歩約30分
・約500台収容可能
・24時間営業
・無料
※後に紹介するシャトルバスを利用する場合は、大洗駅まで徒歩約13分

以上に紹介した駐車場は、全て合わせると十分すぎるほどの収容台数があります。

しかし、大洗磯前神社の初詣の参拝者はとても多いので、これらの駐車場も全て満車になってしまう可能性があります。

また、大洗磯前神社周辺の道路も大混雑が予想され、安易に突入すると大渋滞に巻き込まれイライラしてしまうこと必至…

そうならないために、混雑を回避できるアクセス方法を紹介します!

大洗磯前神社初詣2024混雑回避アクセス方法

これから紹介するのは、電車とシャトルバスを利用して大洗磯前神社にアクセスする方法です!

「え…車で行くんですけど…?」と困惑されるかもしれませんが、具体的に説明すると、

大洗駅の隣駅周辺の駐車場に停める

電車で大洗駅に行く

大洗駅から出ているシャトルバスに乗って大洗磯前神社に行く

という流れです。

それでは1つずつ順に見ていきましょう!

 

  1. 大洗駅の隣駅周辺の駐車場に駐車する

大洗駅周辺は混雑が予想され、駐車場はほぼ間違いなく満車になっていることでしょう。

しかし、隣駅の涸沼(ひぬま)駅、または常澄(つねずみ)駅辺りまで行くと、さすがに混雑はしていないはずです。

それぞれ駅に駐車場があるため、そこに駐車しましょう。

  • 涸沼駅駐車場(涸沼観光センターと共用)

・茨城県鉾田市下太田874
・約30台収容可能
・無料

  • 常澄駅前駐車

・茨城県水戸市塩崎町3300
・約20台収容可能
・無料

  1. 電車で大洗駅に行く

駐車できたら、鹿島臨海鉄道で大洗駅に向かいます。

涸沼駅は大体1時間に1本、常澄駅は大体30分に1本のペースで電車が出ています。

運賃はどちらも片道220円です。

  1. 大洗駅発のシャトルバスで大洗磯前神社に行く

大洗磯前神社では、毎年初詣の時期に無料シャトルバスを出しています。

大洗駅に着いたら、シャトルバスに乗って大洗磯前神社に向かいましょう。

シャトルバスの詳細は以下の通りです。

初詣無料シャトルバス

・毎年1月1日 ~ 1月3日に運行
・鹿島臨海鉄道 大洗駅 ~ 大洗磯前神社 間
・始発 7時40分 ~ 30分おきに出発 ~ 最終16時40分(往路・復路ともに)

また、シャトルバスは大洗磯前神社の駐車場に停車するそうなので、歩く距離も少なく済みますよ。

 

以上に紹介したアクセス方法は、乗り換えの手間が掛かったり、完全無料というわけにはいきません。

しかし、欲張って近くに車を停めようとすると…

渋滞にハマってイライラ…
駐車場がなかなか空かなくてイライラ…

こういったストレスを、少しの手間と、一人ワンコインで解消できると思うと、こちらのアクセス方法が気持ちよく初詣に行けるような気がしませんか?

ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

今回は、「大洗磯前神社初詣2024の屋台営業はいつ?混雑時間や回避・アクセス方法も!」についてまとめました。

大洗磯前神社の初詣では、大晦日の夜から元日までは夜通し、2日以降は6時頃から19時頃まで、屋台が営業しています。

12月31日の23時頃から1月1日の19時頃までと、1月2日以降は日中が混雑傾向だということもわかりました。

また、大洗磯前神社には駐車場があり、近隣にもいくつか駐車場はあるものの、参拝者があまりにも多いためすぐに満車になってしまいます。

そのため、混雑を回避するためにも、混雑の少ないエリアに車を停めて、電車とシャトルバスを乗り継いでアクセスする方法を紹介しました。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です