開成山大神宮初詣2024屋台はいつまでで時間は?混雑状況や参拝人数についても!

郡山市の初詣といえば、開成山大神宮です!

開成山大神宮の初詣には多くの屋台が出店するのもあって、毎年混雑具合がヤバいんですよね。

駐車場がどこなのか、いつなら停められるのかというところが知りたいですよね。

 

また、初詣に行くにあたって、なるべくなら混雑していない時がいいですよね。

開成山大神宮初詣2024の混雑状況はどのようになっているのでしょうか。

混雑を避けるのに日時をずらした場合、屋台がやっているのかというところも気になるところですよね。

 

この記事では、以下のことについてまとめています。

開成山大神宮初詣2024の屋台はいつまでで時間は?
開成山大神宮初詣2024の参拝人数と参拝時間
開成山大神宮初詣2024の混雑状況と空いている時間帯
開成山大神宮初詣2024の駐車場

開成山大神宮初詣2024の屋台はいつまでで時間は?

開成山大神宮初詣2024での屋台営業は、公式から出ている予定が以下のようになっています。

いつからいつまで?
・大晦日〜1月3日
・1月6〜8日
・1月13〜14日
・1月20〜21日
・1月27〜28日

営業時間
大晦日〜元旦 深夜も営業!
2日以降 9:00〜18:00

※屋台の営業期間や営業時間はお店ごとに異なります
※人出や感染状況により予定が変更になることもあり

開成山大神宮初詣2024の屋台は、例年通りだと、大晦日から1月10日くらいまで出ています。

ただ、三が日が終わると境内階段のところの屋台は撤退し、参道のところに数店という感じです。

屋台を思いっきり楽しみたいという方は三が日中に行くのが間違いありません。

 

開成山大神宮の初詣では約50の屋台が出店されます。

三が日の日中は、多くの参拝客で混雑するため待ち時間が長くなりますが、まずは屋台で何買って、楽しみながら時間を潰すなんて過ごし方もありですね!

ただ、昨年までは世情から、境内での飲食禁止ということもありましたので、境内に入るときに案内がないか確認してみてくださいね。

  

お正月飾りや古いお札、お守りをお焚き上げするお祭りであるどんど焼きは、開成山大神宮では2024年1月7日に行われます。

どんど焼きの時には、大晦日、三が日ほどではありませんが、屋台が増えてきますよ!

三が日を避けていきたい、でも屋台に行きたいという時はどんど焼きの時に再チャレンジもありですよ!

 

また、開成山大神宮境内ではありませんが、お隣の開成山公園に、甘酒のポップアップストア「あまざけBAR」が毎年登場しています!
(開成山大神宮から見えるあたり)

甘酒のほか、オブロスコーヒーのカフェラテやホットコーヒーもありますので、あたたまりたい!というときにぴったりですよ。

開成山大神宮初詣2024の混雑状況と空いている時間帯

開成山大神宮初詣2024の混雑予想は以下の通りです。

最も混雑している時間
・大晦日から2024年元旦の深夜0時〜2時
・元旦 午前10時〜午後18時
・2~3日 午前12時〜午後15時
・4日午前中

比較的空いている時間
・3日 10時まで/16時以降
・4日以降(どんど焼き7日を除く)

三が日はとにかく混みますが、元旦を避ければ、夕方の時間帯は比較的混み具合が落ち着きます

また、4日以降は屋台が減りますが、4日は企業が仕事始めでご祈祷に訪れるため、ご祈祷は30分〜1時間ほどの待ち時間が予想されます。

5日以降は混雑具合も一気に解消されますよ!

屋台は特に…ご祈祷だけ行ければいいという方は、5日以降に行くのがおすすめです。

大晦日からの年明けらへんや、三が日中の日中は、境内に入る鳥居の外の49号線沿いまで行列が続きます。

待ち時間は30分〜1時間程度になることが予想されます。

 

どーしても三が日中に参拝だけは絶対したい!!という場合には明け方の4:00〜7:00、夜18:00~が良さそうです。

その代わり屋台が空いていなかったり、お守りも購入できないというちょっぴり寂しい状況にはなってしましそうです…

【1月3日追記】
筆者、1月3日の午前10時に行ってきました!
例年に比べ、混雑が少なく、ご祈祷は1回待ちですぐに呼ばれました(驚

ただ、参拝の列は、階段下まで続いており、もう少しで49号線にまでいくかというところでした。

屋台は比較的空いていて、並ぶことなく買えるところがほとんどでしたよ!

開成山大神宮初詣2024の駐車場

開成山大神宮初詣2024の駐車場は、公式と臨時のものがあります。

開成山大神宮初詣2024公式駐車場

公式駐車場は、こちらの地図、オレンジ色の🅿️です。

49号線沿い南北に2箇所駐車場があります。

こちらの境内にある無料の公式駐車場は、450台収容可能で併設されていますが、三が日中は満車の状態が続きます。

出入りも多いのですが、運が良ければ停められるかなというくらいでいた方がいいです。

4日以降だと、14時過ぎからなら結構公式駐車場でも停められますよ!

開成山大神宮初詣2024臨時駐車場

開成山大神宮初詣2024では、大晦日、元旦〜3日までは初詣の参拝客用に別途臨時の駐車場が設けられます

臨時駐車場の場所はこちら

開成山大神宮隣にある郡山女子大学、さらにその隣にある砂利の駐車場が臨時駐車場として開放されます。

最初からこちらの駐車場を狙っていく時は、49号線からいかずに、さくら通りから島のヨークベニマルの脇から入っていくのが混雑に巻き込まれないコツです!

 

三が日中でもこちらの臨時駐車場だと比較的待ち時間なく停められますよ!

開成山大神宮までは5分程度歩くようにはなりますが、小さいお子さんがいる方は、地図下の方にある川沿いのせせらぎ小道を通っていくと、車の通りもなく安心して通れるのでおすすめです。

また、例年開成山大神宮の初詣に行かれる方が停めることの多い、開成山公園の駐車場ですが、2024年3月まで49号線沿いの駐車場が工事中で利用ができません。

そのため、いつも以上に混雑が予想されます。

49号線に入ると、もうそれだけで車が動かないということもあり得ますので、最初から裏道を駆使して、郡山女子大の方の臨時駐車場を目指すのも手です。

開成山大神宮初詣2024の参拝人数と参拝時間

開成山大神宮初詣2024のお正月三が日の初詣参拝人数は、約22万人と予想されてます。

参拝時間は24時間参拝可能です。

【お札・お守りの頒布時間】
  • 元旦
    0:00〜3:00
    6:00〜22:00
  • 2〜3日
    8:00〜20:00
  • 4~5日
    9:00〜17:00
  • 6日
    9:00〜21:00
  • 7日
    7:00〜17:00
  • 8日以降
    9:00〜17:00
【ご祈祷の受付時間】
  • 元旦
    0:00〜3:00
    6:00〜18:00
  • 2〜7日
    8:30〜17:00
  • 8日以降
    9:00〜16:30

参拝自体は閉門時間があるわけではないので、上記の通り24時間可能です。

ただし、24時間お守りを購入したり、ご祈祷をしてもらえるわけではないので、要注意です!

 

参拝人数に関しては、コロナ以降「初詣は分散しての参拝」を呼びかけているため、三が日以降に訪れる参拝客もおり、その参拝人数を含めると例年25万人と言われています。

いろんな制限が解除されて初めてなので、2024年の初詣もかなりの参拝者数になることが予想されています。

まとめ

開成山大神宮初詣2024は

  • 屋台は12月31日〜1月3日、6日〜8日どんど焼きは1月7日
  • 参拝人数は約22万人と予想。
  • 参拝時間は24時間参拝可能
  • 混雑状況は例年通り大混雑
  • 空いている時間帯はご祈祷の受付時間などがない明け方の4:00〜6:00
  • 駐車場は公式は常に満車、臨時駐車場は比較的停められる

  

2024年の初詣はコロナの制限がほぼなくなって初めての初詣となるので、去年以上の参拝者数になることが予想されます!

参拝に行かれる場合はしっかり寒さ対策をして挑みましょう!

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です