バチェロレッテ3記事まとめページはこちら

27時間テレビ2024マラソンの場所はどこ?コースと結果についても!

2024年の27時間テレビでも100kmサバイバルマラソンが行われます!

27時間テレビ2024のマラソンの場所はどこになるのでしょうか?

また、100kmという長い距離になると、そのコースが気になりますよね。

 

夢ある賞金を誰が獲得したのか、結果についてもまとめていきます!

27時間テレビ2024マラソンの場所はどこ?

27時間テレビ2024マラソンの場所は、7/9時点ではまだ発表になっていません。

ただ、場所候補は2つあります。

①Jヴィレッジ(福島県)
②大井ホッケー競技場(東京都品川区)

27時間テレビ2024マラソンの場所候補①Jヴィレッジ

27時間テレビ2024マラソンの場所候補1つ目は、福島県のJヴィレッジです。

昨年2023年は、福島県のJヴィレッジで行われていました。

J-VILLAGE
福島県双葉郡楢葉町山田岡美シ森8

 

27時間テレビ2023のマラソン会場となったJヴィレッジは、インターハイが行われたり、ナショナルチームの合宿などにも利用されるサッカーの本格的な施設です。

広大な敷地内に

・天然芝ピッチ(7面)
・人工芝ピッチ(2面)
・全天候型練習場
・スタジアム
・トレーニングジム
・ホテル

などなど、スポーツ利用はもちろん、イベント開催にも利用が可能となっています。

昨年の27時間テレビ2023のマラソンのスタートとゴールは、こちらの芝のフィールドが使われていました。

 

27時間テレビの100kmマラソンは、長時間にわたって行われる&安全面を考慮すると、またJヴィレッジになる可能性はありますね!

27時間テレビ2024マラソンの場所候補②大井ホッケー競技場

27時間テレビ2024マラソンの場所候補2つ目は、東京都品川区の大井ホッケー競技場です。

大井ホッケー競技場
東京都品川区八潮2-1-19

 

大井ホッケー競技場は、東京オリンピック2020に向けて整備された競技場の一つで、2019年に完成した新しい施設です。

 

27時間テレビ2024マラソンに出るメンバーが事前練習を行なっているのですが、その会場が大井ホッケー競技場なんです!

こちらの動画15秒くらいに出てくる特徴的な建物が、まさに大井ホッケー競技場です。

練習が行われているということは、大井ホッケー競技場が27時間テレビ2024のマラソン場所になる可能性もあります!

27時間テレビ2024マラソンのコースは?

27時間テレビ2024のマラソンコースも、7/9時点ではまだ発表になっていません。

 

昨年2023年の27時間テレビマラソンは、Jヴィレッジのフィールドをスタート地点として、Jヴィレッジ周辺の道路を進み、山道の中にポイントを作り、ひたすら往復

もうすぐ100kmになるというタイミングでJヴィレッジに戻り、ゴールというコースでした。

日テレの24時間テレビのマラソンは、市街地を走りますが、27時間テレビでは安全面を考慮してか観覧者が集まってこないように山の中の道を走っていました。

 

もし、もう一つの候補、大井ホッケー競技場になった場合は、こちらも敷地が広いので、敷地外周をぐるぐるするコースというパターンも考えられますね!

(ホッケー競技場は、画像右にあるスタジアムの左隣)

画像出典元:東京都港湾局

27時間テレビ2024マラソンの結果

27時間テレビ2024の100kmサバイバルマラソンの結果については、判明次第更新します。

今回の27時間テレビ2024の100kmサバイバルマラソンのメンバーは18名です!

・青山フォール勝ち(ネルソンズ)
・いけ(モシモシ)
・石橋遼大(四千頭身)
★井上咲楽
★大倉士門
・太田宏介
・お見送り芸人しんいち
・金田朋子
・後上翔太(純烈)
・駒野友一
・佐野文哉(OWV)
★団長安田(安田大サーカス)
・塚田僚一(A.B.C-Z)
★ノッチ(デンジャラス)
・藤咲彩音(でんぱ組.inc)
・森渉
★山本賢太(フジテレビアナウンサー)
★ワタリ119

★のついている6名は、昨年に続き2回目の出場です。

中でも最後の方まで残っていた井上咲楽さん、団長安田さんは今年どこまで粘れるのか注目です!

27時間テレビ2024マラソンまとめ

27時間テレビ2024の100キロサバイバルマラソンの場所・コースは7/9時点ではまだ発表になっていません。

ただ、昨年の場所、今年の練習場所からして

①Jヴィレッジ(福島県)
②大井ホッケー競技場(東京都品川区)

になるのではないかと予想します。

 

もしJヴィレッジであれば、昨年と同じコース。

大井ホッケー競技場であれば、競技場のある公園敷地内をぐるぐるするコースになるのではないでしょうか。

 

賞金1000万円を獲得する優勝者は誰になるのか、個人的には去年惜しかった井上咲楽さんに頑張って欲しいです!

結果が楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!